カテゴリー
未分類

体験ほど強い情報源はない/仮脱を思い描くことが成長の源泉

体験ほど強い情報源はない/仮脱を思い描くことが成長の源泉
体験が不可欠である。理解力が弱い人は体験が少ない。
直接の体験はもちろん、:,など間接の体験も少ない。
条件反射、パブロフの犬、体験記憶
熟練技能一とは、自転車の乗り方や楽繋奏、パソコンのキー操作などからだで覚えた動作の記憶
これには小脳の働きが関係している。
一イ続す記憶体で掌尺た記憶(白転車に乗る、泳ぐな占)
純粋な自然の美しさ、雄大さ、厳しさ、怖さが最大隈に味わえ
見聞きした対象に深く没入すると、自分が現実に体験したわけ
M疑似体験〃が、その後の行動に影響を与え、いままでで詞た行動亀だり、感じなかったものを感じたりする
疑似体験を、意識的につくり出して、体の中に残る
あんなふうにできたらと思うのは、けっして自分にはとてもできない夢のまた夢と感じているのではなく、
主人公のような美しい音楽を奏で、か自分の姿を、主人公の姿にダブらせて、イメージの中で体験している
黒.なったような気分になり、そのために動作や感覚まで、主人公に似て
実感として感じられます。何か萄曇つ,な上む一のがあ,ったら、とりあえず手魯でみる〃趣味の味見をするために試食〃
・M疑似体験Mで、プロの気分を味わってみよう

カテゴリー
未分類

世界史が苦手な人は人物の名前を覚えるのが難しいということはありませんか?

日本史であれば、既に知っている名前と似ているので抵抗がないのですが、
海外のネーミングに慣れていない場合はまるで英単語を覚えるときのような大変さを感じることがあります。

横文字の名前を文字だけで覚えようとしてもなかなか覚えられないのに
ゲームに登場してくる横文字の名前は自然と覚えてしまうことがあるのではないでしょうか?

ゲームにしてもスポーツ観戦にしても、好きなことに関係する事柄は楽に覚えることができます。
何度も登場してくる名前だから覚えてしまうということもありますが、好きなことだから集中して取り組んでいるので
脳が活発に働いて自然と覚えてしまうのでしょう。

ゲームにして遊びながら覚えるのがゲーム(遊び)記憶です。

以下のようにしてゲームに変えて勉強してみましょう。

・日本地図をジグソーパズルにする。
・イラストにする。漫画にする。
・クイズにする。
・同じような問題を数多くやってみる。あらゆる角度から解いてみる。カードを使う。
・誰かに問題の解き方を説明する。実生活の例で置きかえる。数を実生活にあてはめる。
・漢字カルタなど、音ながらの遊びを勉強に取り入れる。
・親のまちがいをさがさせるまちがい発見ゲーム。
・文具を与えるなら、おもしろ文具を選んで文具を使う

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。